予約 KATO コキ106・コキ107(10-1432)Y26-0

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/kato-model/product/images/201812041028225c05d83697626/koki107_m_2n.jpg

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/kato-model/product/images/201812041028155c05d82f7a2db/koki107_mn.jpg

Photo(C)KATO

コキ106は平成9年(1997)~平成19(2007)にかけて、1162両が製造されました。大きな特徴としては標準の12ftコンテナだけではなく、海上コンテナやタンクコンテナなどの規格外サイズにも対応した汎用型のコンテナ貨車です。
コキ107はコキ106を改良した汎用コンテナ車として落成し、ブレーキ装置をコキ200と同様のユニットブレーキ方式に変更し、手ブレーキがデッキ手スリにあることが特徴です。台枠はコキ106と同じグレーの塗装色をまとっています。
主に幹線の高速貨物で使用され、列車の重量が1,300t(26両編成)の時は時速100km/h、1,200t(24両編成)以下の時は時速110km/hの最高速度で運転されています。東海道山陽本線東北本線~北海道、日本海縦貫線で広く活躍し、海上コンテナやタンクコンテナの積載も可能なため、バラエティ溢れる形態のコンテナを搭載して走行する姿が見られます。

 

10輛セット(10-1432) x2、2輛セット(10-1433) x3 の合計 26輛を予約。
問題はコンテナ。。。26x5=130個のコンテナを準備しないと…(汗