TOMIX 98216/98217 485系特急 上沼垂色(B061-4)(B061-5)

2018年に買ってチラッと記事にした上沼垂色485系

最近、E653系をこの色に塗ったとのことで改めて公開したいと思います。


1号車:クハ481 258
クハ481形200番台は63両 (201 - 263) が製造された。


2号車:モハ484 1013
485系基本番台後期型を元に485系1000番台は耐寒耐雪を強化した。


3号車:モハ485 1013


4号車:サロ481 112


5号車:モハ484 1011


6号車:モハ485 1011


7号車:モハ484 241(M)


8号車:モハ485 138

9号車:クハ481 753
クハ481-753はサハ489からの改造により通常のクハとは各所が異なる。
トイレ洗面所の位置が逆なため、洗面所窓がクハ481-200等とは反対に開いています。 屋根は後ろ側からのクーラー4つが種車のサハのままなので、運転台直後の1・2個目のクーラー間隔が狭い姿が特徴となっている。 床下は同じくサハからの改造のため、通常のクハ481等と機器配置が異なっている。
国鉄分割民営化により751・752がJR西日本、753がJR東日本に継承された。

9号車がJR東日本のクハ481 753だとすると 1992年当時の T7編成がベースと思われるため、車体番号はこれに準じた。
(751、752は白鳥ではなく北近畿運用でモハ1000番台の組み合わせはない)


編成の様子